Pythonで分数を扱ってみる方法:fraction モジュールを使う

Pythonで分数を扱うには、fractionというモジュールを使う必要があります。

そこで実際に分数をfractionモジュールを使ってどう扱うかを見てみましょう。

fractionモジュールは標準ライブラリーの一部ですでにインストールされているもの。

そしてfractionモジュールではクラスFractionを定義していて、使う前にインポートする必要があります。

こんな感じ

>>> from fractions import Fraction
>>> f=Fraction(3,4)
>>> f
Fraction(3, 4)

faractionをインポートして実際に   を表現してみました。

表現方法は簡単でfraction(分子, 分母)という形式になります。

この表現方法がわかると下記のような分数と整数を組み合わせた数式も表現できます。

>>> Fraction(3,4)+1+1.5
3.25

fractionモジュールでカッコ内を実施の分数形式で表現するとどうなるか。

>>> Fraction(1/4)
Fraction(1, 4)
>>>

結局Fraction(分子、分母)に直っていますね。
実際にFraction(1/4)を使って計算してみるとどうなるかやってみましょう。

 この数式をFraction(1/4)を使って表現してみると…

>>> Fraction(3,4)+1+Fraction(1/4)
Fraction(2, 1)

Fraction(1/4)を使ってもFraction(分子, 分母)という形式で表現されます。

以上pythonで分数を表現する方法でした。

プログラミング無料体験レッスンならこちら↓↓↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.