Python 専用のテキストエディターお勧めは?!Anaconda のJupiter Notebookは意外といけるかも!!

Pythonでプログラムを組む場合、インタラクティブシェルでは結構都合が悪いです。

というのも、インタラクティブシェルはプログラムは書けるのですが、保存することができないのです。

5行ぐらいのプログラムなら次に書き直してもいいかと思うのですが、100行とかになると書き直せませんよね。

そこで必要になってくるのが、テキストエディターです。

この記事では、パイソンでプログラムを組む際に使いがってがいいテキストエディター「Jupiter Notebook」を簡単に紹介します。

プログラミングの無料体験レッスンはこちら↓↓↓。


普通のテキストエディターが使えない理由

「普通のテキストエディターって何?」といわれると結構困るんですが、要するに何もしなくても手に入るテキストエディターとしておきましょう。

例えばマイクロソフトの「ワードパッド」とか「メモ帳」とかは簡単に手に入るテキストエディターです。

でもこれらのテキストエディターには問題があります。

それは、Pythonファイルの拡張子「.py」でドキュメント保存できないんです。

「.py」でファイルが保存できないと、当然Pythonでは使えません。

ではそれ以外のテキストエディターはどうでしょう。

TeraPadはどう?

意外とよく知られているのが、「TeraPad」です。

WordPressを使う人にはよく知られているかもしれません。

私もワードプレスのファイル書き換えに少し使ったことがありましたが、まあまあ使い易いテキストエディターだと思います。

でもPythonには使えませんでした。

「.py」拡張子で保存できなかったんですね。

なので他のテキストエディターを探す必要がありました。

サクラエディタ

そこで使ってみたのがサクラエディタですが、これは「.py」で保存できました。

Pythonでは使えるのですが、ちょっと不満が残ります。

Python でfor文とか def文とかを使うとき次の行はスペース4個分空けるという決まりがあるんです。

インタラクティブシェルに直接入力する場合Tabを使えばいいのですが、サクラエディタのばあいTabを使うと、別な記号が記入されてしまいます。

そのためスペースキーを4回押さなければいけなのですが、何度も何度も押してられませんよね。

そのためサクラエディタは却下になりました。

Python 用テキストエディターJupiter Notebook

みんなのPython 第4版で推奨されていたのがJupiter Notebookです。

最初から本を読めよっていう話なんですが、Jupiter NotebookはPythonディストリビューションのAnacondaで使うことができる機能です。

Jupiter Notebookの利点はなんといっても使い易いということです。

インタラクティブシェルはどう見てもとっつきにくいのですが、Jupiter Notebookはウィンドウズで使えるので、見た目からして使い易いですね。

Jupiter Notebookの使い方は?

使い方は簡単です。

ウィンドウズのスタートメニューをクリックし、すでにインストールされているAnacnda3を選択。

いくつかアプリケーションが出てくるので、その中から「Anaconda Navigator」をクリックします。

するとしたのようなダッシュボードが出てきます。

その中のJupiterっていうのをクリックしてください。

クリックするとしたのような画面が出てきます。

この状態だとまだ.pyのファイルが作成されていない状態なので、作成します。

下の画面の右上「New」をクリック。

すると下記のような画面が現れます。

これがエディタになるので、適当な名前を付けて保存します。

そして箱の中にコードを書いていくわけですが、このエディタのいいところはdef文やfor文を書く際に、いちいちスペースバーを4回押さなくてもいいこと。

勝手にスペースを作ってくれるんです。

また使う回数を重ねることでこれから何を書くかを推測して書いてくれる機能もあります。

保存も数分間に一度と何回もしてくれるので、せっかく書いたコードが消えてしまったという事態を防ぐことができるでしょう。

試しにコード書いてみました。

下は地球の赤道面の円周を計算しましたが、簡単にできました。

その下は、1キロの脂肪を落とすのに何時間ジョギングする必要があるかを、計算したものです。

これも本に載っていたことを試しただけですが、1キロ落とすのに15時間以上のジョギングをしなければいけないということですね。

こんな感じでいろいろ書くことができて、保存もできるエディタなので。

どんなエディタを使っていいか分からないときはぜひ使ってみてください。

プログラミングの無料体験レッスンはこちら↓↓↓。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です