vagrant を使ってsshに接続!!仮想マシンを立ち上げるのは意外に簡単!!

仮想マシンのゲストOSを操作するにはsshに接続する必要があります。

でここでよくわからないのがsshなるもの。

これはいったい何なのでしょうか?

なんで接続しなければいけないのか僕自身もよくわかっていないところがあるので、簡単にまとめてみます。

プログラミングの習得ならこちら↓↓↓。


sshって何?

sshというのはSecure Shellの略で、安全にリモートコンピューターと交信するためのプロトコル。

実は、このsshなしでリモートコンピューターと交信すると結構厄介なことになってしまう可能性があるんです。

というのも仮想マシンを数多くたちあげるた場合、一つ一つが独立しておらず互いに干渉しあってしまうと、プログラムの開発や管理に支障をきたしてしまいます。

例えば、物理マシンを通じて仮想マシンを操作するわけですが、その時にもしどちらか一方がウイルスに汚染されていた場合、物理マシンと仮想マシンの両方が汚染されてしまいます。

そんな事態にならないためにも、物理マシンと仮想マシンの通信は安全に暗号化された通信によって行われる必要がある。

その安全な通信を行うのがsshなんです。

vagrantでsshに接続する。

それでは仮想マシンの操作を簡略化できる、Vagrant を使ってsshに接続してみましょう。

といってもそんなに難しくはないのです。

Vagrant がすでにインストールされていれば、「vagrant up」でvagrantを起動させます。

C:\Users\ichir\scraping-book>vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...

次に「vagrant ssh」でsshに接続します。

C:\Users\ichir\scraping-book>vagrant ssh
Welcome to Ubuntu 14.04.5 LTS (GNU/Linux 3.13.0-129-generic x86_64)
...
vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64:~$

このままsshに接続できれば、そのまま操作を実行しますが、中にはできない場合もあるのでサードパーティーのソフトウエアをインストールします。

  • Tera Term (https://osdn.jp/projects/ttssh2/)
  • PuTTY (https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/)

sshに接続が完了すると、下のように表示されます。

vagrant@vagrant-ubuntu-trusty-64:~$

この段階でやっと、仮想マシンを操作する準備が整いました。

プログラミングの用語に慣れていないと、何が何だかよくわからないと思います。

でもとりあえずやっているうちに慣れてくるので、まずは手を動かすことからすべてが始まるといっていいでしょう。

プログラミングの習得ならこちら↓↓↓。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です