人工知能って結局何っていう、世の中の動きについていけないあなたへの簡単な説明

前にも一度書いたけど「人工知能って結局何よ」っていうことのおさらいをもう一回してみようと思います。

人工知能っていうのは「今のところはサイボーグを作る研究じゃないよ」「人間の能力をソフトウエアでまたはソフトとハードの両面から補完するものだよ」っていうところは分かりました。

スポンサーリンク

人工知能は人間の能力を補完するもの

そのための研究がいわゆる人工知能の研究って言われているものらしい。

ここからがちょっと誤解してしまう点だけど、人間の能力を補完する機械ではあるけれども、その機械はソフトウエアで制御されているので勝手に動く。

つまり、機械が置かれた状況を機械自らが判断して動いてしまう。

しかも、人工知能は学習能力(ディープラーニング)が通常組みこまれているため、いわゆる経験を蓄積することができる。

そのため、人工知能が使われる場面での対応能力をますます高めていくことができる。

このことだけを見るとサイボーグを作る研究ではないとは言え、与えられたタスクを処理しながら経験を積み重ねるという狭義の使用範囲においては、十分にサイボーグ化が行われているといっていいかもしれませんね。

人工知能の使われ方

人工知能の使われ方は大きく分けて2種類あるんですが、その境界はは結構あいまいで完全にこれがこれであれがこれとは言えません。

でも、こんな二つの分類があるんだなと思ってもらえればいいでしょう。

まずソフトが機械を制御する、つまり人工知能が体を持っていると考えてもいいでしょうが、それがロボットと言われるものです。

人工知能の分野ではこれからがまだまだ需要が伸びる分野ですね。

そしてもう一つが、ソフトまたはプログラムのみで使われるものがいわゆる「bot」と言われるものです。

よく知られたものにGoogleのクローラーがありますね。

これは、機械の体を持たずにプログラムだけがネットの中を這いずり回ってインデックス情報を集める「bot」。

それから、最近ソフトバンクなんかで使われだしてきたWatsonというのも「bot」といってもいいのかな。

Watsonって何?

WatsonというのはIBMが作り上げた、人工知能システムのようなもの。

IBM自身はWatsonを人工知能とは言っていなくて「Cognitive Conputing」つまり認知コンピューティングといっています。

IBMが目指しているものは人間が日々行っている行動、つまり言語理解や判断・運動能力・学習・空間処理・社会的行動をコンピューターに与えること。

これだけでも十分人工知能的な感じがするのですが、コンピューターが上のような行動ができるようになる前段階に当たる、様々な機能を持つ解析エンジンとAPI群の総称だそうです。

とりあえずここでは「へ―そうなんだ」っていうぐらいの理解でいいと思います。

人工知能メリット・デメリット

ロボットやボットなど人工知能が活躍し始めると、いろんないいこと悪いことが出てきます。

なんでもそうですけど、すべてがいいことだけではないですよね。

人工知能メリット

人工知能が使われることで起きるいいことは、人間の作業を効率化することができることと、人間の能力を広げることができるということですね。

人間の作業の効率化っていうと、これからの日本にはとっても必要です。

生産年齢人口が減少しているので、人手不足が深刻な日本ですが今まで人間が行っていたことをロボットが代わりにできるようになることで、作業の効率化を進めることができます。

例えば、コンビニのレジ自動化、農作業や建設業の作業代行などを積極的に進めることで最小限の人員だけを使うことが可能になります。

そして人間の能力を広げるということですけど、一番わかりやすい例としては翻訳機がありますね。

この翻訳機を身に付けて話をすれば分からない言語も、瞬時に翻訳されて相互理解をすることができる。

またはビッグデータの解析のように、人間が行えば何年かかるか分からないことでも瞬時に解析することができるなどでしょう。

人工知能デメリット

でも、人工知能が人間よりも賢くなったらどうなるでしょう。

現に囲碁では人間が人工知能にかつことはできなくなりました。

他の仕事でも、人工知能が人間よりも優れた能力を発揮することはあるでしょう。

そうなったら人間はどうするのか。

人工知能を支配するのか、支配されるのか。

遠そうで近い未来について考えてみる必要がありそうですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.