人工知能(AI) とはいったい何?どんなものなの?よくわからないので調べてみた!!

人工知能とはいったい何?

最近巷で盛り上がっている人工知能ですが、実際に何をするのか?どう使うのか?生活にどうかかわってくるのか私にはよくわかりません。

なので、人工知能っていったい何なのか基本的なところをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

人工知能に対する誤解

私も調べてみるまで誤解していたのですが、人工知能の研究って実は人間と同じようなロボットを作るだけが研究じゃないんですね。

人工知能っていうとやっぱり人間のような感情を持ったロボット作りが研究の柱だと思ったんですが、実はそれは人工知能研究の柱の一つだったんです。

人工知能研究には大きく分けて二つの柱があり、一つはいわゆる人間のような感情を持ったロボットを作る研究。

そしてもう一つが、人間が考えて行うことを機械に代用させる研究があるんですね。

これを聞いただけで、なんとなく頭の中のモヤモヤがなくなった感じがしました。

ここら辺の定義がよくわかっていなかったんですね。

それはともかく、この二つの分野の研究でどちらが今進んでいるのかっていうとやっぱり人間が考えて行うことを機会に代用させる研究です。

確かにこちらの方がどう考えても人間を作り出すよりは簡単かもしれませんし、現実社会の需要もあるので投資が入りやすいのでしょう。

というわけで、人工知能を持った機械が人間のように仕事をするための研究ではなくて、主に人間の仕事の一部を肩代わりする機能を作るのが人工知能の研究なんです。

人工知能の種類は何がある?

人工知能の種類は細かく分類すると、結構な数になるのでおいおい取り上げていくとして、ここではざっくりとした分類を書いてみます。

特化型・汎用型

人工知能(AI)の分類として分かりやすいのが、特化型と汎用型になります。

特化型っていうのは、人間でいうところのスペシャリストですね。

ある一定の条件の下で行う動作を事前にプログラミングすることで、その分野で最大限の能力を発揮するものです。

そして汎用型ですが、特化型とは違ってより広い範囲で能力を発揮することができる人工知能です。

より広い範囲の問題解決と突然の状況変化にも対応できるように、事前のプログラムが組まれるのが汎用型人工知能ですね。

強いAIと弱いAI

人工知能のもう一つの分類の仕方が、強い人工知能と弱い人工知能です。

つまり、特化型AIと汎用型AIを別の言い方で表したものと考えておけばいいでしょう。

弱いAIと言われるものがいわゆる特化型

そして強いAIと言われるものがいわゆる汎用型になります。

別の言い方でいうと弱いAIは、一つの事象に対してはとても強いが、応用が利かない。

反対に汎用型は、より広い範囲で応用を効かせて問題解決ができるのが特徴ですね。

この強いAIと弱いAIについての説明はこちらのサイトで詳しく説明されているので読んでみると理解が深まると思います。

AIのまとめ

人工知能(AI)開発は人間のようなロボットを作るものではないらしい

ペッパーとかシリーなどが注目を集めているのでAIってそういうものなんだと思うかもしれません。

でも実際は人間の代わりに仕事をしてくれる機能の開発こそがAI研究の主流だということが分かった。

そしてAIはあらかじめプログラムされたことしかできないので、特化型から汎用型への移行プログラム開発っていうのが注目を集めているということですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です